トップページ介護・嚥下にお悩みの方のために > 水分補給の大切さ

なぜ高齢者は水分補給が必要か

このページでは高齢者にとって非常に重要な「水分補給」について、簡単に説明します。
「高齢者はこまめに水分補給するように!」とよく言われますが、それは何故なのでしょうか?順を追って見ていきましょう。

加齢とともに見られる、3つの変化

  1. 水分を蓄えるための筋肉が減少し、体内の水分量が少なくなる(加齢による体液の推移
  2. 水分調節において重要な腎臓の機能が低下、老廃物を排出するための尿量が多くなる
  3. 体の感覚が鈍くなり、のどの渇きも感じにくく、水分が必要でも本人が気づかない


のどが渇いた時には既に脱水症状というケースも。
悪化すると意識レベルが低下し、昏睡状態、さらには死に至ることがある!

脱水症状にならないためには

  • 定期的に水分を摂る必要がある
  • 負担が少なく、からだのすみずみまでスムーズに水分が行き渡る飲料を選ぶとよい

参考:加齢による体液の推移

人間の体に占める水分の割合は60%もあります。しかし、下のグラフを見れば分かるように、体の中の水分は加齢とともに減っていきます。

体に占める水分量の割合
小児70から80パーセント、成人60パーセント、高齢者50パーセント


ページの上に戻る