トップページ介護・嚥下にお悩みの方のために > 床ずれとは

床ずれとは

このページでは寝たきりの高齢者などに起こりやすい「床ずれ」というものについて、図などを交えて簡単に説明します。ちなみに「床ずれ」とは医学用語では「褥創」といいますが、ここでは皆さんに分かりやすい表現の「床ずれ」という言葉を使います。さて、「床ずれ」とは一体どんなもので、何故おこるのでしょうか?

床ずれ発生のメカニズム

床ずれの原因は、寝たきりなどによる持続的な圧迫です。
圧迫によって血が通わなくなり、組織が死んでキズになったものを床ずれと呼びます。

床ずれ発生の順序

体重
【1】持続する圧迫によって
長時間の圧迫
【2】皮膚及び皮下の組織に血流障害がおき
血流障害
【3】虚血状態となり
虚血(きょけつ)
【4】そのために壊死をおこし
壊死(えし)
【5】床ずれとなる
床ずれ

出来やすい場所

後頭部、肩甲背部、肘部、仙骨尾骨部、腸骨大転子部、坐骨部、下腿部、足部

深さによる床ずれの分類

床ずれの深さによって、1〜4度の4段階に分けられます。

第1度炎症が発生

第1度

皮膚の限局的な発赤。皮下の組織は障害が起きている。

第2度

第2度

表皮と真皮の部分欠損。皮下組織は障害が起きている。

第3度

第3度

皮膚全層欠損で筋膜を越えない。

第4度

第4度

筋肉、骨まで及ぶ深い欠損。

床ずれ創傷治癒のメカニズム

床ずれ治癒には3つの段階があります。

炎症期

1.炎症期

創傷部に白血球やマクロファージなどが集まり、細菌を食べたり、異物を溶かしたりして創面(傷の部分)をきれいにします。

増殖期

2.増殖期

肉芽組織が作られ、創面(傷の部分)が満たされていきます。

成熟期

3.成熟期

肉芽組織は丈夫な組織(瘢痕(はんこん)組織)に少しずつ置き換わっていきます。

ページの上に戻る